2016-03-15 09:00:51

【落語】居酒屋 三遊亭金馬

コンテンツタグ:やってみた
※この動画はひまわり動画様から引用しています。元動画先
動画詳細

★あらすじ
【居酒屋】
居酒屋に男が飛び込んできた。店には12~13歳の小僧さんが店番をしている。男は小僧さんをからかいながら酒を愉しむ。肴を注文する段になって、何があるか尋ねる男。小僧さんの受け答えが男にとっては格好のからかいのネタになる。

★演者について
【三遊亭金馬(三代目)】
1894-1964。東京市本所生まれ。本名は加藤 専太郎。
芸風は明瞭。「楷書で書いたような落語」と評され、すべての演目は老若男女誰にでも分かり易く、過剰な演出はしない。ラジオの寄席番組に度々出演し、その芸風から親しまれた。
趣味は釣りで、釣りに関する著書もある。お気に入りの釣竿職人の娘が海老名香葉子(林家三平の妻)であり、幼いころから家族ぐるみの交流があった。
1964年11月8日 肝硬変の為死去。享年70。(Wikipediaより抜粋)

★ひとこと
昔ながらの居酒屋もだんだん少なくなってきました。