2015-06-04 03:30:06

天才数学者ペレリマンが挑む 宇宙の形

コンテンツタグ:アニメ 映画 
※この動画はDailymotion様から引用しています。元動画先
動画詳細

from Japan Cyber Library
本の正式名称は「天才数学者ポアンカレ、サーストン、
ペレリマンが挑む 宇宙の形」です。
Prologue
数学のノーベル賞といわれるフィールズ賞に、100年間、解けなかった難問「ポアンカレ予想」を完全に証明したロシアの数学者、グレゴリー・ペレリマン氏(発表当時40才)が選ばれた。スペインのマドリードで開かれた国際数学者会議で、国際数学連合が発表した。しかし、ペレリマンは受賞を辞退。その後、世界から忽然と消えてしまった。
彼は2014年、スウェーデンにいるという話が知人からもたらされた。彼には姉がいて、彼女は生物学(統計)の学者で、その姉が勤務する研究所に招かれたのではないかという。この話はスェーデンのタブロイド紙に報じられており、ナノテクノロジー分野の研究を行っている。
調べてみると、彼をスウェーデンの企業に紹介したというイスラエルのテレビプロデューサーを名乗る人物が現れている。
「確かに私が彼を紹介した。どうしてかって? 彼が好きだからさ」。
この話は、どこか怪しいところがある。以前にもイスラエルの映画プロデューサーを名乗る人物がペレリマリマンのドキュメンタリー映画を製作するといって、資金を募ろうとしたが、実現しなかった経緯がある。
確かなことは、ペレリマンは2013年ごろからスウェーデンとロシアを行ったり来たりしており、スウェーデンで働くために10年間のピザを申請。申請理由は科学的研究のためという記入があった。

Ⅰ、この本のために、宇宙の形状を理解するためのスペースシップ操船シミュレーターのソフト2つが開発されました。その操船映像を下記urlから観ることができます。

Ⅱ、宇宙というわからない形のなかに住む住人はどうすれば、その形を知ることができるか、と問いかけた壮大な問題に挑んだ天才たちの"知への旅”へ誘います。南極北極の 極地探検をしのぐ壮絶なドラマの展開に驚嘆し、心が震えます。
             

          主な登場人物
 天才数学者 アンリ・ポアンカレ(1854-1912)
宇宙にロープをはりめぐらし、それをすべて回収できたとしたら、宇宙の形は丸いといえるか?
この問題はわれわれを遥か遠くへとつれて行くだろう。
希代の天才数学者 ウイリアム・ポール・サーストン(1946-2012)
宇宙ロープの結び目を解くのはもうやめよう。
宇宙のとりうる形は最大8つ。丸い形はそのなかのひとつに過ぎない。
グレゴリー・ヤコヴレヴィチ・ペレリマン
(1966- )
ロシアの天才数学者。ロープが回収できるのは丸い宇宙だけ。のこり7つは回収できない。証明が正しいのならそれでいい。賞金はいらない。